OUR STORY

生きることは息をすること。噛んだり浸したり目を細めたりしびれたりすること。ただそこに在るだけの自分の感覚を愛おしいと思えたら、還って、ただ還って、光みたいに透明になれる。

季節の色や手触りは、瞬きした途端しなやかにうつろう。その変化に頬を撫でられているようだと思う。気づいていないだけで、もしかしたらわたしたちも毎秒生まれ変わっているのかもしれない。

閃いたと思ったら甘い余韻を残して消えていく、それを追いかけていった先に何があるのだろう? そして、その“感覚のカケラ”に触れ、纏うあなたは何を感じるのだろう? 知りたいという願いは、涙が出る寸前の喉の痛みに似ている。

今この瞬間も、見つけてもらえることを願って切なく吐息を震わせているほんとうのあなたへ。この宇宙のどこかで、いつか出会える日を願って。

 

 

OUR BELIEF

“わたし” はなにを求めているのだろう──

混沌としたこの世界で大切にしなければならないのは、本当は、その問いであるはず。自分を静かに見つめてはじめて、感情は豊かに色づく。そして体の感覚がゆっくりと呼び覚まされ、空の色、空気のにおいのわずかな変化も心に響くようになる。わたしも、ともに社会に生きる人も、動物も草も海も森も、宇宙の一部。この星を巡るすべての ものと愛を通じて一体となることは、感謝に満ち溢れたとほうもなく美しい体験だ。

そこに在る何かを感じて自分の内側を見つめる、そのきっかけを多くの人に届けられたら。生きるということはあまりにも深く、あまりにも複雑な冒険だから、一緒に答えを見つけていきたい。一人ひとりの魂が満たされて、よどみなく流れる水のように循環していくとき、社会も自然も、きっとあるべき姿に戻っていくと、わたしたちはそう強く信じています。

 

 

SENSE

ディレクター武笠が自らと向き合い内側に目を向ける中で見つけた“そこに在る大切な何か(THINGS THAT MATTER)”との出会いをきっかけに生まれた感情や思い浮かんだ情景・ヴィジョンなどをテーマに据え、その源(ソース)をインスピレーションにデザイン&クリエイションを行い、お洋服やその他様々な商品を展開する。

そのテーマをこのブランドでは「SENSE(センス)」と表現し、商品だけでなくそれらが生まれるまでの思考プロセスと感覚的な変遷の軌跡も合わせて様々なアプローチでお客様へお届けする。

 

感覚のカケラ

ディレクターが出会い感じたインスピレーションの一部をテーマごとに表現したもの。

オンラインオーダーのお洋服が手元に届くまでのお待ちいただく時間も楽しんでいただけるように、そして実際にお洋服を身に纏ったときにより深く何かを感じていただくための感覚の断片。

お洋服1着につき1つの「感覚のカケラ」をお届けする。
オーダー後、10日前後を目安にご希望者に、ポスト投函でお届け。
『感覚のカケラ』 以外にテーマごとのヴィジュアルとメッセージを添えたポストカードも封入。